音楽物語創作の日々の出来事
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
藁を掴みたいが藁がない
ごきげんいかがでしょうか
恒例の明泉です




肝心の明泉がもうダメだ
職場の同じ部署の半分がぶっ倒れた
どーすんだ!と騒ぎながら一日後に明泉もダウン
原因はどうやら部署でとってるお弁当

ここ数日お布団と仲良しです
制作全く進んでません

人間はウイルスに簡単にやられるもんなんですね
01:17 - comments(10) trackbacks(0)
これでいいのかしら。
 こんばんわ、ごきげんよう。
明泉です。

ここ最近、サービスもサービスの勤務時間ばかりですさんでます。
まぁ、いい具合にすさんでますので次回作も益々すさんでます。

大まかなストーリーと、トラック構成を向咲さんに報告したら
「ドロドロだね」
とまた言われました。
「駄目?」
と聞いたところ、
「歪んだ心だから大丈夫」
とのこと。

そうね。次回作のこんせぷとよー
明泉の心も歪んでくよー
だってトラック構成のどこ見ても殺すとかの文字があるんだよ。
呪いはしないけど実力行使に出てます。
恐ろしい子。
双子の王女のお話。
国を殺すまでの過程です。

こんな歪んだ曲構成と内容で、大丈夫なのかしら。
明日は向咲さんとこんな血みどろの曲かいてくださる方の相談です
これが時間かかるんですよね。


というか、劇団の方向性ってこれでいいのでしょうか?
一作目の「夢壊し奇譚」
二作目の「また会う日まで、サヨナラ」
三作目の「騎士の崇めた百合〜狂気の題名〜」

なんだか最近荒みすぎて、これでいいのか不安になってきたのです・・・


そして、歌詞の解説?は次回持ち越しです。
23:22 制作 comments(1) trackbacks(0)
聖十字(サントクロワ)

 こんばんわ。
例のごとく明泉です。

次回作のコンセプトは「歪んだ心の捧げ方」
そんな方向性になりそうです。
向咲さんに「ドロドロだね。私はいつバラードが書けるのかな?」
と聞かれました。
それは明泉の気が向いたらデス。


さて、今日は「騎士の崇めた百合」二曲目の「聖十字(サントクロワ)」です。
HITOSHIさんの曲とかほりさんの歌です。
無茶ぶり第二弾です。

「また会う日まで、サヨナラ」頒布の時に作りました、プレCDの曲です。

この曲は乙女と騎士の一番栄光ある時代といってもよいかと。
神の声を聞き、王子の元へ訪れる。
乙女が実際に戦地に赴くまでに様々なエピソードがありますが、
このCDはあくまで騎士のお話。
なので曲構成には組み込みませんでしたが、教会からの審査や王子との
やり取りも是非調べてみてください。

黒き眸、と歌詞にありますがこれは乙女のことです。
史実の乙女は黒髪、黒眼。
なのに何故か私は金髪碧眼と思い込んでました。
この金髪碧眼は実際は騎士のほうでした。
騎士は黒髪黒眼のイメージでしたよ!!

なんでこう思い込んでたんだろうと考えたところ、映画で乙女の役を演じていた
女優さんが金髪だったからでした。思いこみってすごいですね。

向咲さんがこの歌詞で「盲目的な甲冑」の部分をいたく気に入ってくれたらしく
の歌詞でも登場です。

乙女が実際活躍した期間は二年にもみたないものでした。
けれど、その二年は騎士の軍人として最高の地位である軍師にするものであったし
価値観を変えるものでもあったはずです。
そしてのちの彼を、狂わせる始まりでもあったかと。

国の歴史を変え、民衆の運命を変え。
そして一人の男を変えた。
そんな乙女の歴史上の登場。



続きは、歌詞カードには記載しませんででしたが
コーラス部分の歌詞です。
よろしければどうぞー。

次回は「教会で神に祈る」です。


続きを読む >>
23:12 騎士の崇めた百合 comments(0) trackbacks(0)
CD聞きたかった・・・・・

こんばんわ。
夜にしか出没しない明泉です。

あきばお〜さんにて「騎士の崇めた百合〜狂気の題名〜」
取り扱い開始です。のぞいてみてくださいね〜


戦利品のCDで焼きミスがあって聞けなくて
テンション駄々下がりです。
すぐに向咲さんに電話したら「もう寝ていい?」

もう冷たい。
はじまって11秒で音が途絶えた時の明泉のあの絶望を思い知って欲しんだ。

そんな絶望の中、次回作を考えてたら
「騎士の崇めた百合」みたいに鬱な展開ではないですが、それ以上の
黒い内容になってしまったよ。

救いはあるのかな。
このままでいくと救いも何もないお話になってしまうので、
向咲さんにもそろそろ介入してほしい今日この頃です。

さて。歌詞解説、本日は聖十字(サントクロワ)の予定でしたが。
明泉の今のテンションでは心もとないので明日に持ち越しです。

CDが聞けなかったんだ・・・・

22:20 騎士の崇めた百合 comments(0) trackbacks(0)
私は行きます
 こんばんわ。明泉です。

今日から数日間、騎士の崇めた百合〜狂気の題名〜の歌詞などについて書こうかと。


まずは一曲目。鈴葉ゆみさんの歌曲「私は行きます」

これはほとんどが造語です。
はじまりはラテン語ですが、あとはフランス語、ギリシャ語などをもじった造語です。
鈴葉さんには大変な無茶ぶりをしました……

ラテン語の部分の日本語訳は歌詞カードには書いてませんが
乙女の火刑が行われる前に読み上げられた裁判所の判決文です。

”神の名のもとにアーメン 通称「乙女」は”

そんな意味です。
教会から旅立つジャンヌを見送るジルドレの姿
そして最後の雨の音。


鈴葉さんの美しい声と音を堪能してくださいませ。


それでは、また明日にでも。
23:32 騎士の崇めた百合 comments(0) trackbacks(0)
no title
2010110322000000.jpg
誘惑にまけた(_´Д`)
22:00 - comments(0) trackbacks(0)
M3終わりましたね

お疲れ様です。明泉です。

M3ありがとうございました。
今回はかっこいいお兄さんのBellmonteさんにお世話になりました。
しっかりとした音を表現する方ですよ!!
前作と新作にも参加してくださってるので是非聞いてみて!!
あとBellmonteさんも新作だしてるよ!!

向咲さんと話しまして、きちんとブログ書こうよというお話になりました。
楽屋裏、全く機能してませんでした。

日記って毎日書くから日記なのであって現状では
月報にもなっていませんでしたね。


というか、今一人暮らしなんですけど
今日、帰ったら富士山に雪がかかっててびっくりしました。
地元は関西なんですけど、こっちの寒さは関西人には半端ないです。

さて、M3での新作「騎士の崇めた百合〜狂気の題名〜」
いかがでしたでしょうか?
本日、あきばお〜さんのほうにもようやく発送したので
もうすぐ取り扱い開始になるかと思いますので
ご興味持たれたかたは、よろしければのぞいてみてください♪

実際にいた騎士のお話です。
大学時代にとった講義が発端なCDです。
古代ローマの戦争の陣形やらやったら細かく講義され、
武器やら武具の説明。で、例のユリの乙女の映画も見たわけですが。


なんで彼の話になったのやら。
彼について書かれた資料、日本語でのものがなかなか私では見つけられなくて・・・・
英語・イタリア語ならまだしもフランス語とかお手上げでした。

CDは明泉コンセプトです。
前回の「また会う日まで、サヨナラ」の向咲コンセプトとは打って変わってのものです。
恨みと呪いの背徳。
史実の彼が何を想ったかはわからないですが、劇団なりの彼の想いを表現しました。

明泉お勧めな方たちの音を是非楽しんでくださいませ

18:04 騎士の崇めた百合 comments(0) trackbacks(0)
M3
101029_173852.jpg
着きました!

これからBellmonteさんのところにお邪魔しにいきます!!
09:43 - comments(0) trackbacks(0)
no title
2010052717100000.jpg
さすが箱根
17:10 - comments(0) trackbacks(0)
M3開場前
201005062110000.jpg
こんばんは、明泉です。
深夜バスを待ちながら携帯からメール送信でのご挨拶です。

M3お疲れさまでした!!
とっても楽しかったです。
作品を手にとっていただいた方、視聴してくださった方、そして本サークルにご協力いただいた方。
本当にありがとうございました!

写真は会場前のサークルスペースです。
ボード頑張って作りました。もとはランチョンマットとキャンバスです(^-^)
写真じゃわかりにくいかもしれませんが、ラメが入っててキラキラです
ミルサさんの素敵なイラストのおかげで私はガコガコと組み立てるだけでした。

開場前は向咲さんとあたふたしながら準備してましたね


バスが来たので一旦打ち切りです。
帰宅後、また書き込みますね。


それでは、よい夢を
21:54 - comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
ARCHIVE
LINKS
RECOMMEND
SPONSORED LINK